ニュースリリース

「冬期型災害」に 気をつけよう!

「冬期型災害」に 気をつけよう!

◆冬は労働災害が多発する季節
 冬期は、凍結による転倒、自動車のスリップや視界不良による交通事故、除雪・雪おろし作業に伴う墜落・転落・腰痛、暖房器具等による一酸化炭素中毒など、特有の労働災害(冬期型災害)の発生が懸念されます。特に転倒災害が多発するために、冬は労働災害が最も多く発生する季節といわれていますから、対策を講じておきたいものです。

◆事業場で取り組む転倒災害対策
 まずは、職場巡視等を行って、事業所内の危険箇所を把握・特定しましょう。必要な用具は早めに確保しておくとともに、除雪作業等を行う場合の墜落・転落、転倒、はさまれ・巻き込まれ災害等の危険性も事前に特定しておきましょう。

◆従業員の安全意識も大切
 冬の転倒災害は、従業員の意識によっても回避することができます。時間に余裕を持った行動を心がけ注意喚起するのも有効です。

事業所全体の安全に対する意識を向上させることにより、冬の労災事故の防止に努めましょう。

関連記事

TOP